想ひ火

寺本祥生の世界

永久に盃を酌み交わさむと

    


     夢に咲く徒花を


      夢に探すも疲れ果て


       想ひを切っての謀


        時を問わぬ事の故と思えども


         一向に覺得る縁なし


          長くて遠い弛むだ糸を手繰るのみ


        

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。