想ひ火

寺本祥生の世界

月夜の宴


     月の影に隠れし兎とや


      我と伴に餅搗き遊べ


       白々たらむ月の雫に喉を潤し


        搗いた餅を肴として

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。