想ひ火

寺本祥生の世界

 怒 り

お天道様は毎日東の空から上り西の空へと沈むでゆく
地球の自転なぞ知った事ではない



久し振りの曇日だから
気温が低くならないのかと
お天道様に恨み言を零してみたものの
お天道様は知らむ振り
加えて吹き通る風さえも
熱風とまでは云わないが
息苦しさを感じる程の暑さにて
いったい地球はどうなっているのだと
独り愚痴を零しましたとさ



そしたら今度は台風がやって来るのだと・・・・
先日の大雨といい、熱暑といい、地球全体がおかしくなって
天変地異が日常茶飯事になって
自分が災害に遭わないと驚かないようになって
まわりが警告だらけで、
 用意・備えを万全に、避難は早めになどと云われても 
もっと大きな災害・天変地異があったら、どうすればいい?
逃げる所ないてありゃしない
なんなら先々は空の上の宇宙にでもと考えそうだけど
どうも人類は地球上の生物のような気がしてならない
傲慢な人類にツケが回って来たのだろう




   

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。