想ひ火

寺本祥生の世界

光しもの


     我が磨きし勾玉の


      鈍き光に苛まれ


       然、渡りての事とても


        身罷る光と為らむ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。