想ひ火

寺本祥生の世界

 あめ

目の前の空地のびっしりと群生する朝鮮朝顔の緑に
 程よい雨が降り注いでいる



そんな景色を二階の窓から
ぼうっと眺めていたら
流れて行く時間の中に埋没して
わたしがわたしで在る事も忘れてしまった



ザァー ザァーと
雨が降る音の中ですべてが雨に洗われている
この空いっぱいに広がる雨雲がそんな雨を降らしている

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。