想ひ火

寺本祥生の世界

夕焼け空

       鴉が鳴いている


   西の空が夕焼けを帯びる頃


   流れ行く雲も紅く染まり


   もうすぐ沈むお日さまが


   飛ぶ鴉に向かって声を掛けた


   「 もうすぐ暗くなるから お家に帰りなさい 」と


   きっと鴉は子鴉なのだろう


   でも子鴉はまだ遊び足りないと


   少しお腹は空いていたけれど


   何か面白いものはないかと探し回った


   「 雲は もう行ってしまったよ 」


   夕焼け空もだんだんと色を失い暗くなって行く


   「 子鴉、子鴉、帰っておいで 」


   母さん鴉が呼んでいる


   お腹を空かせただろうと呼んでいる


   心配そうに呼んでいる


   かあー かあー かあー かあー



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。