想ひ火

寺本祥生の世界

紋白蝶

        舞踏会


   風の合間に ヒラヒラと

    羽を休める場所を探しながら舞い踊る


   此方の花から 其方の花へ

    其方の花から 彼方の花へ


   、と ちょっと油断したのかな


   一陣の強い吹き抜ける風が 紋白蝶を攫って行く


   あれあれ 風に煽られ

    羽をばたつかせて クルクルと急降下

     それでもなんとか体勢を整えて

      風を避けて難着地


   広い広い舞踏会の踊場でした 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。