想ひ火

寺本祥生の世界

梅雨

         雨の中で


   眼に映る 外の緑為る景色に心を移し


     降る雨と伴に戯れ遊ぶ我と化す


       何時しか 心は雨と伴に在り 



   雨 雨降る中の梅雨の此の一時


   窓をほんの少し開け 湿度の高い じめっとした部屋の中


   外の雨にぼうっとしながら


   時を待つ


   暇と言う言葉を持て余しながらも


   忙しさから脱け出して休めようかと思っているものの


   やっぱり暇だ


   今にも黴びてしまいそう

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。